個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)

かかる費用

わかるサイト

Topページへ
個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト » 個人再生とは » 個人再生時に奨学金を債務整理の対象から外す手順について

個人再生時に奨学金を債務整理の対象から外す手順について

学生時代に支給された奨学金がまだ返済途中という方もいますよね。

基本的には、奨学金も債務整理の対象とされています。奨学金を借りるとき、大抵は親に保証人になってもらっていることでしょう。

債務整理を行うことで借金問題がバレてしまうのではないかと悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、個人再生時に奨学金を債務整理の対象から外す手順について解説します。

奨学金が返済できないケースは意外と多い

借金問題を抱えている人には、それぞれの事情があり、借金してしまった理由も違います。中でも、学生時代に借りた奨学金が返済できないというケースは意外に多く、現在社会問題になっているといいます。

個人再生を行うと、基本的には親にバレる

まず、奨学金の返済中に個人再生を行った場合、基本的には連帯保証人である親にバレてしまいます。これは自己破産をするケースでも同じですが、「債権者平等の原則」という規則に則り、一部の債権者だけを対象から外すことは認められていないのです。そのため、原則として奨学金も債務整理の対象にされてしまいます。

任意整理なら奨学金を対象外にできる

奨学金を債務整理の対象から外したいのであれば、任意整理を選ぶのが得策です。任意整理であれば、一部の債権者だけを対象から外すことができます。これなら、連帯保証人である親にバレることなく借金整理を行うことも可能でしょう。

個人再生時に奨学金を債務整理の対象から外すには?

債務整理を検討している人の中には、誰にも悟られずに借金問題を片づけたいと考えている方も多いでしょう。 個人再生時には絶対に奨学金も債務整理の対象にしなければならないのでしょうか?

奨学金の支払いを猶予してもらう

奨学金は独立行政法人である「日本学生支援機構」からの借り入れであることがほとんどです。

個人再生時にどうしても奨学金を債務整理の対象にしたくないのであれば、奨学金を債権者リストから外し、奨学金の返還期限を猶予してもらう方法を取るしかありません。

ただし、審査に通った場合でも「奨学金返還期限猶予承認通知」というものが連帯保証人に送られるため、基本的には連帯保証人である親にバレてしまいます。日本学生支援機構に「個人再生をするけど返済は自分で行う」という意志を伝えたところ、「連帯保証人には連絡しない」ことを聞き入れてもらえたというケースもあるようですが、これは特例だと思ってよいでしょう。

奨学金を債務整理から外すのはリスクが高い

先のケースでは、自分名義の口座を新設することで期限内に奨学金の返済を終え、事なきを得ましたが、やはりこの方法では、奨学金を債権者リストから外していることが裁判所にバレてしまうリスクが常につきまとうといえるでしょう。

冒頭で述べたように、どうしても奨学金を債務整理の対象から外したい、親にバレたくないと思っているのであれば、任意整理を行うのが賢明ではないでしょうか。 任意整理と個人再生はどちらも返済を継続していくことには変わりありません。個人再生には大幅な減額が認められることもありますが、その分法律上の要件も厳しいものとなっています。

まずは債務整理の中でも任意整理を検討するとともに、知識豊富な弁護士に相談することをおすすめします。