個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト
HOME » 個人再生とは » 手続きの流れ

手続きの流れ

個人再生の申立てから再生計画の認可決定まで、おおよそ半年ほどかかる個人再生手続きは、どのような流れで進められるのでしょうか。

弁護士に依頼するケースを例に、それぞれのステップについて概要を案内します。

STEP1 受任通知の発送

弁護士事務所に依頼すると、まず「受任通知の発送」を債権者に送ります。

受任通知とは、弁護士が介入することで、取立行為や返済を一時的(再生計画が認可されるまで)にストップできるものです。

STEP2 引き直し計算

債権者との取引履歴をもとに、利息制限法の上限金利による引き直し計算を行います。

ここで過払い金がある場合は、返還請求の手続きを行います(取引履歴は債権者が開示する必要があるため、通常1~3カ月ほどかかります)。

STEP3 必要書類の準備、申立書の作成

個人再生申立てに必要な書類を準備します。弁護士が代理人となって集めることも可能です。

集めた書類をもとに事務所側で申立書を作成し、裁判所に提出します。

STEP4 再生委員との面接

裁判所への提出後、弁護士同伴のもとで再生委員と面接を行います。面接では、借金の内容、財産の状況、今後の収入や返済の見込みなどが問われます。

面接後、再生委員の意見を聞いたうえで裁判所が「再生手続開始決定」を出します。また、債権者にもこの決定が知らされ、それぞれの借金額を裁判所に届け出ます。

STEP5 再生計画案の提出

再建方法や弁済方法などについて、具体的な債務整理の計画案をまとめた「再生計画案」を裁判所に提出します。

小規模個人再生の場合、この再生計画案は債権者にも送られ、債権者が合意すれば書面決議となります。

STEP6 再生計画の認可

再生計画案の返済計画の通りに債務者が返済できる見込みがあると裁判所が判断すれば、「再生計画認可決定」が出されます。

なお、再生計画案が確定するのは、この決定から約1カ月後です。

STEP7 返済スタート

返済が始まるのは、再生計画認可決定の確定した翌月からとなります。返済計画の通りに、債権者へ返済していきましょう。

個人再生にかかる費用リスト