個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト
HOME » 個人再生とは » どこに依頼するのがよい?

どこに依頼するのがよい?

個人再生は手続が難しいため、弁護士か司法書士(認定司法書士)などプロに任せたほうが安心です。

では、どちらに任せた方がよいのでしょうか。それぞれの違いについて説明します。

個人再生における弁護士と司法書士の違い

まずは、弁護士と司法書士の業務役割を改めて確認してみましょう。

弁護士の役割

弁護士は、個人再生など債務整理を含むさまざまなトラブルに関して、法的な助言を行ったり代理人となって相手側(債権者など)と交渉または訴訟をしてくれたりするのが仕事です。

地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所いずれからも代理権が認められているため、個人再生の申立(地方裁判所で行う)を債務者の代わりにしてくれます。

司法書士の役割

これに対し、司法書士は不動産の登記などの書類作成を行うのが仕事です。もちろん、司法書士でも法律に関する相談や交渉などをしてくれますが、法律に関しては弁護士のほうが専門知識は豊富だといえるでしょう。

また司法書士にも代理権が認められていますが、それは任意整理のみで、総債権額が140万円以下に限られると法律で定められています。

任意整理の場合は裁判所に通さなくてもよく、また司法書士が裁判所から代理人として認められているのが、簡易裁判所だけに限られています。

一方、個人再生は地方裁判所に申立てる必要がありますので、司法書士は書類作成の代理はできますが、申立てることは債務者自身で行わなければなりません。

なお、個人再生ができるのは司法書士のなかでも「認定司法書士」であることが条件ですので、ご注意ください。

個人再生は弁護士に任せた方が安心

個人再生は、任意整理や自己破産などと比べて手続きが煩雑で難しいものです。特に、債権者との交渉や裁判所での面接(再生委員会との面接)がカギを握るケースも多々あります。

依頼したときには想定しなかったような状況に陥った場合、弁護士であれば代理人として対応してくれます。しかし、司法書士は、債務者にアドバイスはできても弁護士と同じように対応できるかと言われると、難しいのが実情です。

個人再生をできるだけスムーズに進めるためには、弁護士に依頼したほうが得策だと考えられます。

個人再生にかかる費用リスト