個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト
HOME » 個人再生とは

個人再生とは

「個人再生とは何か?」がわかる基礎知識

個人再生とは債務整理の1つで、裁判所に「再生計画案」を提出し、それが認可されれば債務が減額されるという民事再生の手続きです。

債務整理といえば、任意整理や自己破産などもあります。これらと個人再生とは何が違うのか、またそれぞれのメリット・デメリットについて説明します。

>任意整理・自己破産との違い

小規模個人再生と給与所得者等再生の違いとは

個人再生には、大きく2つの種類があります。ひとつは「小規模個人再生」、もう1つが「給与所得者等再生」です。

文字だけを見れば、小規模個人再生は個人事業主が、給与所得者等再生はサラリーマンが対象なのかと思われそうですが、サラリーマンでも小規模個人再生の手続きが可能です。

では、この2つは何が違うのでしょうか。以下のページで解説します。

>個人再生の種類

個人再生の流れと必要書類は

申立から再生計画の認可決定まで、およそ半年ほどかかる個人再生。様々な書類手続きなども、必要になってきます。

だからこそ、あらかじめどのような流れで進むのか、また、申立てをする際に何が必要になるのかを、しっかり理解しておきたいものです。

ここでは、弁護士に依頼する際の流れと、申立てに必要な書類についてまとめました。

>個人再生手続きの流れ

>個人再生に必要な書類

失敗しないためのポイント

債務整理のなかでも、個人再生は手続きが煩雑で難しいとされています。そのため、弁護士や司法書士などプロに依頼するのが確実です。

ところで、弁護士と司法書士、どちらに依頼するのが得策なのでしょうか。ここでは、それぞれの役割について詳しく解説しながら、業務範囲の違いを理解していきます。

依頼する前に、しっかり確認しておきましょう。

また、個人再生を行うとしても、失敗するケースもあります。万一失敗したらどうなるのか、その原因と回避策についてもご案内します。

>弁護士と司法書士、どこに依頼するのがよい?

>個人再生に失敗したらどうなる?

個人再生にかかる費用リスト