個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)

かかる費用

わかるサイト

Topページへ
個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト » 個人再生によくある質問 » 個人再生における弁護士と司法書士の違いとは

個人再生における弁護士と司法書士の違いとは

個人再生を受ける際に「弁護士と司法書士どちらに依頼するのが良いですか」という質問を良く耳にします。このページでは、弁護士と司法書士の特徴や仕事の幅についてご紹介。個人再生をスムーズに進めるためのアドバイスもまとめているので、ぜひご覧ください。

個人再生の手続きで弁護士が対応できる業務

個人再生を申し立てする場合、申し立てには裁判所に書類を提出したり、裁判官と面接をしたりします。しかし専門知識が必要で作業時間も膨大にかかってしまうため、個人で対応するのは現実的ではありません。多くの人は、個人再生の専門家である弁護士か司法書士に依頼することになります。

弁護士は、裁判所に提出するための書類作成や裁判所・裁判官とのやり取りなど、個人再生にかかるすべての業務に対応してくれるのが特徴。書類作成は、裁判所から申立人を特定するための「申立書」、職業・収入・財産を表示するための「陳述書」、借入先をまとめるための「債権者一覧表」などを取り寄せて、記載してくれます。手続きをすすめる中で、裁判官が債務者の事情を聴くために面談をしますが、代理人として回答してくれるのも弁護士の仕事です。自分で申し立てをするよりも、書類作成や面談など、個人再生に必要なすべての作業を代行してくれる弁護士にお願いするほうが、個人再生の申し立てが通りやすくなります。

司法書士と弁護士を比べると・・・

個人再生の手続きで司法書士ができる業務は、裁判所に提出する書類作成、提出の代行に限定されます。司法書士は弁護士と違って法定代理人としての権限はないので、裁判所とのやり取りはすべて個人で対応しなければならないのです。裁判所からの連絡を受けとるのも個人の仕事になります。もちろん、ある程度法律的な知識がないと、裁判官との面接や裁判所との連絡受け取りの対応は困難。司法書士は裁判所とのやり取りを代行することはできませんが、依頼者からの質問や疑問の相談に乗るという形でサポートをしてくれます。

個人再生の手続きをスムーズに進めたいなら弁護士がおすすめ

個人再生で債務整理を進めるのなら、弁護士に依頼するのがおすすめです。両者とも書類作成の代行は行ってくれますが、裁判所との面談や連絡などの代行に関しては弁護士しかできません。裁判所とのやり取りは、申し立てを受理してもらうためにとても重要な作業です。それを法律に詳しくない人が対応するのは、かなりハードルが高くなるでしょう。弁護士に代理して対応してもらえれば、依頼者が有利になるような回答ができるので、個人再生の手続きをスムーズに進めやすくなります。