個人再生にかかる費用と弁護士費用の相場一覧

個人再生(民事再生)にかかる費用がわかるサイト
HOME » 個人再生の手続きにかかる費用

個人再生の手続きにかかる費用

個人再生にかかるトータル費用は?

個人再生の手続きにかかる費用を、「自分でやる場合」「弁護士などに依頼する場合」にわけてまとめています。

個人再生の手続きには、さまざまな費用がかかります。

自分で裁判所に申立てる場合でも、収入印紙代や官報掲載費用など数万円がかかるうえ、裁判所によっては「個人再生委員への報酬」もかかります。その金額をトータルすると数十万円にもなります。

ただし、個人再生は手続がとても難しく、素人が作成した書類だと棄却される可能性もあります。

そこで登場するのが、弁護士や司法書士(認定司法書士)。彼らに依頼すると報酬額がかかるためトータル費用は高くなりますが、棄却を繰り返して余計な手間とお金を失うより、断然スムーズです。

このページでは、はじめに個人再生について、自分で申し立てる場合の費用内訳を紹介。

次に、弁護士に依頼した場合、司法書士に依頼した場合、それぞれの相場について詳しく解説しています。

最後に、一般的に債務において、大きなウェイトを占める住宅ローンがある場合の個人再生について取り上げます。ぜひ参考にしてください。

>個人再生に必要な全費用

報酬額は弁護士のほうが高い?

個人再生の手続きにおいて、弁護士と司法書士の報酬額には大きな違いがあります。これは、それぞれが手続きで対応できる業務範囲が違うためです。

このページでは、弁護と司法書士の費用について、それぞれ紹介。また、業務範囲の違いを詳しく解説しています。

>依頼先によって個人再生にかかる費用が違う理由

借金はいくらになる?返済金額をシミュレーション

個人再生が認められると、返済額が大幅に減ります。その額は人によってさまざまで、債務を10分の1まで減らせる方もいれば、あまり減らない方もいます。

その差を生むポイントは、「債務の総額」と「財産の総額」です。あなたの債務がいくら減るのか、それを導き出すための計算式をご紹介します。

>どのくらい減る?返済金額シミュレーション

個人再生にかかる費用リスト